見積作成の効率化 標準化を実現

こんなお悩みありませんか?

見積の内容不一致

作成者によって見積書の内容に差があり、精度にばらつきがある

業務効率が悪い

見積書の作成に時間がかかりすぎていて、負担になっている

根拠資料としての弱さ

算出した数字の根拠が分かりづらい

誰でも簡単に操作できるので
積算業務を効率化・標準化できます

選ばれる3つの理由

建設物価調査会による
プロデュース

「国土交通省土木工事標準積算基準書」等、多くの積算技術図書を発刊している建設物価調査会によるプロデュース。 基準書を知り尽くしている建設物価調査会により開発された商品です。

導入しやすい価格設定

実務を想定した必要な機能に特化することにより、 手に取りやすい安心価格で気軽にご利用いただけます。購入した後に追加費用が発生することもありません。

簡単入力・簡単出力

各種条件を設定・入力するだけで、機労材構成比の表示・諸経費計算・単価表作成などを簡単に実現。 算出結果は画面上で確認できるほか、根拠資料として印刷できます。

工事費算出システム 商品一覧

令和4年度版 楽らくアプロ工事費算出システムシリーズ

令和4年度 楽らくアプロ工事費算出システムシリーズ 土木 直接工事編

土木 直接工事費編

施工単価や自社施工単価(材料単価・自社労務単価及び歩掛値の変更が可能)の作成及び施工数量を入力することで施工日数も算出できるシステムです。

特長

国土交通省土木工事標準積算基準書(赤本)に準拠

国土交通省土木工事標準積算基準書(赤本)の内容に準拠した体系ツリーと条件設定です。 希望の工種を探しやすく、ユーザーにて希望の条件を設定でき、それに伴う単価表の表示が可能です。 単価表には日当たり作業量も設定されており、基準書に掲載されている工種については数値も表示できます。

単価表の内容の変更が可能

作成した単価表の名称・規格・単価・数量・単位については変更が可能です。 それにより各工事の条件に見合った単価表が作成でき、汎用性が拡大します。 日当たり作業量についても、ユーザーにて変更が可能です。

複数工種を積み上げることが可能

作成した単価表や、変更を加えた独自の単価表を、複数工種積み上げて登録が可能です。 自分が選んだ単価表のみを登録し、ユーザー独自の直接工事費の算出が可能です。 また、日当たり作業量についても積み上げられ、総施工日数の算出が可能です。

週休2日工事補正に対応

条件選択により、労務費、機械経費(賃料)の週休2日工事の補正が可能です。令和4年度版より、週休2日制工事における市場単価・土木工事標準単価 自動算出機能も追加しました。

令和4年度 楽らくアプロ工事費算出システムシリーズ 土木&土地改良 諸経費編

土木&土地改良 諸経費編

直接工事費、その他条件を設定するだけで、ワンクリックで共通仮設費、現場管理費、一般管理費等を含む総工事費を算出できる、諸経費計算システムです。

特長

国土交通省基準(土木)・農林水産省基準(土地改良)に準拠した諸経費計算に対応

国土交通省土木工事標準積算基準書(赤本)と農林水産省土地改良工事積算基準に準拠した諸経費を各種補正つきで算出。 正確な諸経費を、簡単・お手軽に算出することができます。

基準書の関連箇所を参照できる

解釈が難しい補正等については参考資料による基準書の抜粋を参照することができます。

週休2日の補正、被災地区向け復興係数による補正に対応

週休2日工事の条件選択ができ、補正計算に対応!
東日本大震災、熊本地震、平成30年7月豪雨(広島県)の間接工事費の補正にも対応しています。

施工箇所が点在する場合の計算に対応

計算が複雑になりがちな「施工箇所が点在する場合」の諸経費計算に対応!
当会出版の「土木工事積算基準マニュアル」に準拠し、正確な計算を可能にします。

熱中症対策、積雪寒冷地域での冬季補正に対応

施工時期、工事期間、緊急工事による補正として、熱中症対策に資する現場管理費の補正、積雪寒冷地域で施工時期が冬季となる場合の補正、緊急工事の場合の補正の計算に対応!

令和4年度 楽らくアプロ工事費算出システムシリーズ 下水道 直接工事費編

下水道 直接工事費編

小口径管路施設各工種(開削・推進・更生)の施工単価作成業務効率化を実現します。施工数量を入力することで施工日数も算出できるシステムです。

特長

下水道用設計標準歩掛表に準拠

下水道用設計標準歩掛表の内容に準拠した体系ツリーと条件設定です。 希望の工種を探しやすく、ユーザーにて希望の条件を設定でき、それに伴う単価表の表示が可能です。

単価表の内容の変更が可能

作成した単価表の名称・規格・単価・数量・単位については変更が可能です。 それにより各工事の条件に見合った単価表が作成でき、汎用性が拡大します。 日当たり作業量についても、ユーザーにて設定が可能です。

複数工種を積み上げることが可能

作成した単価表や、変更を加えた独自の単価表を、複数工種積み上げて登録が可能です。 自分が選んだ単価表のみを登録し、ユーザー独自の直接工事費の算出が可能です。 また、ユーザーが設定した日当たり作業量をもとに、総施工日数の算出が可能です。

週休2日工事補正に対応

条件選択により、労務費、機械経費(賃料)の週休2日工事の補正が可能です。令和4年度版より、週休2日制工事における下水道工事市場単価 自動算出機能も追加しました。

誰でも簡単に操作できるので
積算業務を効率化・標準化できます

よくある質問

インターネット環境は必要ですか?

ご利用時にはインターネット環境が必要です。
インターネット接続に制限のある環境では、使用できない可能性があります。ご購入前に試用版で動作を確認してください。

購入前にお試し利用はできますか

無料の試用版をご用意しております。商品ページからお気軽にダウンロードしてお試しください。
試用版は搭載データが一部工種のみに制限されています。

1ライセンスで何台までインストール可能ですか?

1台のコンピュータに限りインストールしてご利用いただけます。2台以上でご使用の場合は、追加で本システムをご購入ください。ただし、1台につき1ユーザーアカウントのみしか使用できません。