「平成19年度版 国土交通省土木工事積算基準 修正情報」

平成19年度版 国土交通省土木工事積算基準 修正情報

建設物価調査会が発行している、「国土交通省土木工事積算基準」に関する
修正情報です。→平成18年度の修正情報
■平成19年9月19日
P98 5-7 修正前 images足場工
「第6章コンクリートimages足場工」により別途計上する。
修正後 images足場工
「第6章仮設工images足場工」により別途計上する。
P206 表3.1 修正前 表3.1 機種の選定
機械名 規 格 単 位 数 量 摘 要
スラリープラント(全自動) 20m3/h
修正後 表3.1 機種の選定
機械名 規 格 単 位 数 量 摘 要
スラリープラント(全自動) 40m3/h
P207 表3.5 修正前 表3.5 地盤係数(アルファ2
荷重平均N値 地盤係数アルファ2
60≦N 1.4
修正後 表3.5 地盤係数(アルファ2
荷重平均N値 地盤係数アルファ2
60≦N<80 1.4
P210 3-6-2 修正前 1=C1×(1+K2×1,000
2=C2×(1+K2×1,000
修正後 1=C1×2×1,000
2=C2×2×1,000
P210 表3.10
表中
修正前 表3.10 添加材使用係数(K2
長(m) 0?15m未満 15?30m未満 30?45m未満 45?50m以下
添加材使用係数 0 +0.015 +0.03 +0.04
修正後 表3.10 添加材使用係数(K2
長(m) 0?15m未満 15?30m未満 30?45m未満 45?50m以下
添加材使用係数 0 0.015 0.03 0.04
P211 3?8
表中
修正前 3?8 鋼管ソイルセメント合成杭1本当り単価表
名称 規格 単位 数量 摘要
スラリープラント
(全自動)損料
20m3/h
諸雑費 表3.10
セメント材料費 高炉セメントB種 t 表3.8
添加材材料費 kg 表3.9
修正後 3?8 鋼管ソイルセメント合成杭1本当り単価表
名称 規格 単位 数量 摘要
スラリープラント
(全自動)損料
40m3/h
諸雑費 表3.11
セメント材料費 高炉セメントB種 t 削除
添加材材料費 kg 削除
P254 (2) 表中 修正前  (2) 掘削沈下10m3当り単価表
名称 規格 単位 数量 摘要
世話役 images
特殊作業員
普通作業員
火薬 kg 表5.3
電気雷管
掘削機械運転 クラムシェル油圧ロープ式平積0.8m3 h 表5.2
諸雑費 表5.3
(注) 必要に応じて排水費用等を別途計上する。
修正後  (2) 掘削沈下10m3当り単価表
名称 規格 単位 数量 摘要
世話役 images
特殊作業員
普通作業員
掘削機械運転 クラムシェル油圧ロープ式平積0.8m3 h 表5.2
諸雑費 表5.3
(注) 必要に応じて排水費用等を別途計上する。
P276 表4.21
(注)
修正前
(注) 1. 本歩掛は,鉄筋スタッド方式(4列)に適用するものであり,それ以外については別途考慮する。
2. 鉄筋スタッド施工機械運転には,スタッド溶殖機・4連ガン・制御装置・昇降フレーム・電動空気圧縮機・自走式リフト(2台)の運転経費を含む。
3. 諸雑費は,電気溶接機損料,溶接棒,昇降フレーム固定治具,グラインダー,マーカー等の費用であり,労務費,材料費及び機械運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
4. 1日当りの施工量は50段を標準とする。
修正後
(注) 1. 本歩掛は,鉄筋スタッド方式(4列)に適用するものであり,それ以外については別途考慮する。
2. 鉄筋スタッド施工機械運転には,スタッド溶殖機・4連ガン・制御装置・昇降フレーム・電動空気圧縮機・自走式リフト(2台)の運転経費を含む。
3. 諸雑費は,電気溶接機損料,溶接棒,昇降フレーム固定治具,グラインダー,マーカー等の費用であり,労務費,材料費及び機械運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
4. 1日当りの施工量は50段を標準とする。
5. 発動発電機は、賃料とする。
P281 (14)
表中
修正前
機械名 規格 適用単価表 指定事項
発動発電機(コネクタ取付鉄筋スタッド方式) 排出ガス対策型
ディーゼルエンジン駆
250kVA
機?16 燃料消費量→256
機械損料数量→ 1.75
修正後
機械名 規格 適用単価表 指定事項
発動発電機(コネクタ取付鉄筋スタッド方式) 排出ガス対策型
ディーゼルエンジン駆
250kVA
機?16 燃料消費量→256
賃料数量→ 1.75
P294 表1.1 修正前 表1.1 機種選定
施工方法 バイブロハンマ単独施工 ウォータージェット併用施工
最大N値 Nmax<50 50≦Nmax100 100≦Nmax≦180
修正後 表1.1 機種選定
施工方法 バイブロハンマ単独施工 ウォータージェット併用施工
最大N値 Nmax<50 50≦Nmax100 100≦Nmax≦180
P295 表1.2 修正前 images
修正後 images
P295 表1.3 修正前 表1.3 機種選定
施工方法 バイブロハンマ単独施工 ウォータージェット併用施工
最大N値 Nmax<50 50≦Nmax100 100≦Nmax≦180
修正後 表1.3 機種選定
施工方法 バイブロハンマ単独施工 ウォータージェット併用施工
最大N値 Nmax<50 50≦Nmax100 100≦Nmax≦180
P295 表1.4 修正前 images
修正後 images
P296 表1.7
表中
修正前 表1.7 打込み,引抜きの編成人員  (人)
項目 世話役 とび工 普通作業員 特殊作業員
バイブロハンマ単独施工
(打込み,引抜き)
1 2 1 -
ウォータージェット
併用施工
1 2 1 1
修正後 表1.7 打込み,引抜きの編成人員  (人)
項目 世話役 とび工 普通作業員 溶接工
バイブロハンマ単独施工
(打込み,引抜き)
1 2 1 -
ウォータージェット
併用施工
1 2 1 1
P298 表1.10 修正前 images
修正後 images
P298 表1.11 修正前 images
修正後 images
P299 表1.12 修正前 images
修正後 images
P299 表1.13 修正前 images
修正後 images
P469 表3.2 修正前 表3.2 U形側溝据付歩掛 (10m当り)
掘削断面積 0.5m2 0.5を超え1.0m2以下 摘 要
名 称 規 格 単位
修正後 表3.2 U形側溝据付歩掛 (10m当り)
掘削断面積 0.5m2以下 0.5を超え1.0m2以下 摘 要
名 称 規 格 単位
P585 表4.3 修正前 images
修正後 images
P586 表4.4 修正前 images
修正後 images
P586 表4.5 修正前 images
修正後 images
P586 表4.6 修正前 images
修正後 images
P586 表4.7 修正前 images
修正後 images
P587 表4.8 修正前 images
修正後 images
P587 表4.9 修正前 images
修正後 images
P587 表4.10 修正前 images
修正後 images
P587 表4.11 修正前 images
修正後 images
P588 表4.12
(注)
修正前 images
(注) 1. 上表には,ホースの筒先作業等を行う機械付補助労務を含む。
2. 足場は,枠組足場を標準とし,単管足場及び単管傾斜足場,枠組足場(手すり先行型)を使用する場合については別途計上する。
3. 下地処理は,チッピングを標準とする。
4. コンクリート養生は,一般養生を標準とする。なお,給熱養生等の特殊な養生を必要とする場合,諸雑費率は,( )内の値とし,養生費は,「第5章コンクリート工imagesコンクリート工」により別途計上する。
5. 諸雑費には,下地処理に使用するピックハンマ,空気圧縮機の機械損料及び空気圧縮機の燃料,コンクリート打設に使用するバイブレータ損料,一般養生の労務費,ポンプ損料及び養生マット等,枠組足場仮設材,一般型枠及び合板円形型枠仮設材,既設配水管の撤去設置(新設は含まない)等及び電力に関する経費等の費用とし,労務費,機械損料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
6. 枠組足場仮設材の内訳は,壁つなぎ,敷板,建枠,筋違,ジャッキベース,手摺柱,手摺,階段,安全ネット等及び仮設材の持上(下)げ機械に要する費用とする。
7. 一般型枠及び合板円形型枠仮設材の内容は,型枠用合板,鋼製型枠,さん木,電動工具,電力に関する経費,組立支持材及びはく離剤等及び仮設材の持上(下)げ機械に要する費用とする。
修正後 images
(注) 1. 上表には,ホースの筒先作業等を行う機械付補助労務を含む。
2. 足場は,枠組足場を標準とし,単管足場及び単管傾斜足場を使用する場合については別途計上する。
3. 枠組足場は、手すり先行型とする。
4. 下地処理は,チッピングを標準とする。
5. コンクリート養生は,一般養生を標準とする。なお,給熱養生等の特殊な養生を必要とする場合,諸雑費率は,( )内の値とし,養生費は,「第5章コンクリート工imagesコンクリート工」により別途計上する。
6. 諸雑費には,下地処理に使用するピックハンマ,空気圧縮機の機械損料及び空気圧縮機の燃料,コンクリート打設に使用するバイブレータ損料,一般養生の労務費,ポンプ損料及び養生マット等,枠組足場仮設材,一般型枠及び合板円形型枠仮設材,既設配水管の撤去設置(新設は含まない)等及び電力に関する経費等の費用とし,労務費,機械損料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
7. 枠組足場仮設材の内訳は,壁つなぎ,敷板,建枠,筋違,ジャッキベース,手すり柱,手すり,手すり枠(二段手すりの機能を有する)、幅木、階段,安全ネット等及び仮設材の持上(下)げ機械に要する費用とする。
8. 一般型枠及び合板円形型枠仮設材の内容は,型枠用合板,鋼製型枠,さん木,電動工具,電力に関する経費,組立支持材及びはく離剤等及び仮設材の持上(下)げ機械に要する費用とする。
P588 表5.1
(注)
修正前 表5.1 施工歩掛  (100掛m2当り)
名 称 規 格 単 位 数 量
諸雑費率 42
(注) 1. 諸雑費は,壁つなぎ,敷板,建枠,筋違,ジャッキベース,手摺柱,手摺,階段,安全ネット等の費用とし,労務費,機械損料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
修正後 表5.1 施工歩掛  (100掛m2当り)
名 称 規 格 単 位 数 量
諸雑費率 82
(注) 1. 諸雑費は,壁つなぎ,敷板,建枠,筋違,ジャッキベース,手すり柱,手すり,手すり枠(二段手すりの機能を有する),幅木,階段,安全ネット等の費用とし,労務費,機械損料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
P673 表8.1
(注)
修正前 表8.1 足場材設置・撤去歩掛  (100掛m2当り)
名 称 規 格 単 位 数 量 摘 要
諸雑費率 15
(注) 1. 諸雑費は,足場工仮設材等の費用であり,労務費,機械賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
・枠組足場における仮設材内訳は,壁つなぎ,敷板,建枠,筋違,板付布枠,連結ピン,アームロック,ジャッキベース,手摺柱,手摺,階段,安全ネット等である。
2. ラフテレーンクレーンは,賃料とする。
修正後 表8.1 足場材設置・撤去歩掛  (100掛m2当り)
名 称 規 格 単 位 数 量 摘 要
諸雑費率 47

閉じる